海への散骨という自然葬

自然葬にはいくつかの種類がありますが、海に散骨するのも一つの方法です。最近では、自分が死んだならば海に散骨して欲しいという希望を述べる人が増えています。しかし法律では、自然葬の1つである海の散骨はどのように位置付けられているのでしょうか。厚生労働省も法務省も基本的に海での散骨については問題がないという見解を示しています。

ですから海で散骨を行なったとしても法律上の問題はありません。そのことで罰せられるということはありません。しかしながら、散骨する故人の関係者以外の人たちに迷惑になる可能性があります。それで他人に不快感を与えないようにすることが大切です。

ではどのようなことに気をつける必要があるでしょうか。まず遺骨ですが粉末状に砕くようにしなければなりません。形を留めることがないようにします。また、散骨する場所にも注意が必要です。

他の人にとって迷惑にならないようにしなければなりません。中には多くの人たちが乗る船で散骨を行なおうとする人もいます。しかし、これには注意が必要です。船会社が散骨を禁止している場合があります。

ですから、もしそのような船から散骨をしようとするならば、まずは船会社にそれが可能かどうかを問い合わせる必要があります。もしそれが無理であるならば、自分で船をチャーターして散骨を行なわなければなりません。散骨する場合には自然にも配慮を示す必要があります。散骨のあとに花を投げ入れるということがあるかもしれません。

そのような場合には自然に戻りやすいように花びらを巻くようにします。自然葬の一つで海への散骨にはいろいろな注意を払う必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です