自然葬が増加している訳

自然葬が増加しているのは、高齢化、少子化、核家族化や考え方の変化などで先祖代々のお墓を守っていく人が減ったからです。自然葬は遺骨を散骨や、樹木の下に埋める事によって自然の循環の中に還すという意味があります。宗教にこだわらない自然なものなので、特定の宗教を信じない人生を送ってきた人にも、違和感なく受け入れられるでしょう。墓標などを作らないのが基本ですから、経費も少なくて済みます。

実際の自然葬では、洋上からの散骨や樹木の下に埋葬する樹木葬などがあります。最近では、大きな風船で宇宙まで飛ばす宇宙葬などという事も行われているようです。洋上からの散骨は海洋葬と呼ばれ、パウダー状にした遺骨をチャーターした船の上から散骨します。遺骨のパウダー化や、散骨場所の選定、船の手配など、専門的な技術や知識が必要になるので専門業者にお願いするのが良いでしょう。

陸上での散骨は、土地所有者の承認が必要だったり、近隣住民の心情も考慮しなければならないなどの理由から、あまり行われていないのが現状です。どうしても陸上での散骨を望む場合は、寺院や霊園が散骨場所を設けた場所で、埋葬許可証を取った上で行うのが良いでしょう。樹木葬の場合は遺骨を散骨するのではなく埋葬する場合が多いようで、その場合に使われる骨壺は遺骨が自然に還り易いように、竹などの分解され易い素材を利用してあったりします。何も残らないのはさみしいという人には、少量のお骨を手元に残して供養する手元供養という方法もあります。

樹木葬では、俗名の刻字や、個別の埋葬なども行われているようです。市川で葬儀のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です