自然葬のメリットとデメリット

現在、日本国内で行われている自然葬は、主に散骨と樹木葬です。自然葬の一つである樹木葬には、大きく分けて2種類の埋葬方法があります。一般的な埋葬方法は、区画割りされた墓地の区画に墓石を配置しますが、少子高齢化や墓地用地の不足などの問題により永代供養の一つの形として共同の納骨堂などが増えています。日本国内の樹木葬も、1999年に始まったばかりと歴史が浅い事や樹木葬用地も墓地と同様に近隣住民の理解が得難い為に、樹木葬用地が不足しているのが実情です。

その為、樹木葬でも共同の納骨堂の様に複数人の遺骨を同じ区画に埋葬したり、区画中央に樹木を植えて周囲に埋葬する葬送方法が増えています。合同樹木葬用地は、一般的に個別管理よりも管理費用が安くなるメリットがありますが、合同供養塔や合同墓の様に一度埋葬すると遺骨を取り出し難い事や遺骨が混ざる恐れなどのデメリットがあります。故人一人に対して一本の樹木を植える個別の樹木葬もありますが、樹木葬用地の不足問題により、樹木葬に対応している霊園や墓地は少なく、樹木葬用地は高値で取引されています。しかし、墓石の種類にもよりますが、一般的に墓石購入費用よりも樹木葬用地の取得費用の方が安く済みます。

自然葬の一つである散骨は、墓地や仏壇などを必要としない為に費用が安く済むメリットがありますが、新しい葬送方法なので従来の日本人の死生観との相違による誤解や法律上の問題などのデメリットがあります。浦安で葬儀のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です