自然葬を執り行う際に気をつけるべきこととは

世の中には様々なスタイルの葬儀があるものです。遺された人たちは亡き人への感謝の意味を込めて、生前の遺言や宗教観などに従って葬儀の方法を決定し、スムーズに執り行う必要があります。中でも特に最近注目を集めているのが自然葬という方法です。自然葬とは基本的に、人間は自然から生まれて自然へと還っていくものという考え方から生まれたものであり、故人の遺骨を先祖代々の墓地に埋葬するのではなく、自然の中へと散骨することになります。

事前に故人からの要望などがあればその場所に散骨すればよいわけですが、しかしながらその場所が私有地であったり、自然とはいえ配慮の必要な場所であったりすると、その実施に関しては熟慮が必要となります。私有地であれば散骨が本当に可能なのかを所有者に確認しなければなりませんし、海や河などの自然であっても散骨したことが何らかのトラブルを引き起こさないかどうかの判断が欠かせません。現に自分勝手に散骨したことでトラブルとなるケースも多く、そういった面においても遺族の熟考と配慮が求められるのです。その意味でも自然葬を執り行う上では、これらの方法に詳しい葬儀会社に相談した上で散骨場所などを決めるとよいでしょう。

こういったことに慣れた会社では複数の散骨場所の候補をリストアップしていたり、土地の所有者などとも交流がある場合が多く、トラブルに巻き込まれる心配もありません。遺族も気を揉むこと無く安心して故人の冥福を祈ることができるはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です