自然葬の意味と特徴など

自然葬とはお墓などをつくらないで、遺骨を海に散骨したり、野山にまいて自然の循環の中に還す埋葬方法です。土葬や冷凍葬、風葬や水葬、樹木葬や冷凍葬などさまざまな方法がありますが、現代日本では法律の問題や付近住民の心情などから可能な自然葬は限られています。ひとつは海洋葬で、遺骨をパウダー状にして陸地から一定の距離以上離れた船上から散骨する方法です。遺骨をパウダー状にする方法、散骨する場所、チャーターする船など専門的な知識や器具、道具を必要とするので専門の業者にお願いするのが良いでしょう。

海洋葬の場合、手元に少量の遺骨を置いておき、手元供養する事も出来るようです。二つ目に地上への散骨ですが、人の土地には散骨できませんから実際に散骨する場合はほとんどが寺院や霊園の敷地内で、法的に墓地として認可された場所で行われる場合が多いようです。樹木の下に散骨する場合は樹木葬とよびますが、最近は散骨するのではなく、樹木の下に遺骨を埋葬する場合が多いようです。自然葬の趣旨からは少しズレますが、かたわらに生前の名前をプレートに刻字して残したりするところもあるようです。

このような方法ならば、すべてを自然に還すのではなく名前が残りますから、残された人はお墓のようにお参りして供養する事もできます。基本的には自然葬は基本的には何も残さないので、子孫に迷惑をかける事もなく自分の人生の後に仕事を残す事もありません。お墓を作らないので、費用も格段に安くて済むのも自然葬の特徴のひとつです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です