自然葬が普及しているわけ

最近、自然葬という言葉をよく聞くようになりましたが、自然葬とは墓ではなく海や山などに遺体や遺灰を還すことによって自然の循環の中に回帰していこうとする葬送の方法のことを言います。これは、葬儀される側の自然へ帰りたいという思いをかなえるためにうまれたといわれており、また、環境を守るために墓地に人工物をおかないようにするという理念から生まれた2タイプあります。自然葬が広まってきている背景として、別の見方をすると、墓を持つという事は墓の維持費やメンテナンスがかかってくるということです。維持費が安いのが公営霊園ですが、利用希望者が多いので倍率が高くなっており、特に都市部の公営霊園は契約するのが難しくなっています。

また、核家族化、少子化、高齢化がすすみ墓の継承がむずかしくなってきていることも大きく関係しています。自然葬は宗教を問わずに行えることも近年増加してきている理由でもあります。お墓へおさめるのが通常であった以前とは違い、墓の維持、購入を選ばない方が増えてきて、時代にマッチする新しい価値観として自然葬は近年大変増えてきています。日本では比較的新しいですが、海外では以前より一般的な葬送の方法として受け入れられてきています。

墓地に納めるのが当たり前という固定概念が薄れてきて、個人それぞれの価値観が尊重されるようになってきています。最近では個人の意思を明確にしておくために、ご本人による生前予約ができるところも多々でてきています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です