自然葬の意味と方法など

自然葬とは、現在の日本では火葬後の遺骨をパウダー状にして洋上や陸地で散骨したり、遺骨をそのまま、あるいは自然分解する物質で出来た骨壺に入れて樹木の下に埋葬する事を言います。洋上から散骨するのを海洋葬と呼びます。専用の船をチャーターして、陸地から一定距離以上離れた場所で、近隣の人に迷惑のかからないように行う必要があるので、専門の業者にお願いするのが良いでしょう。遺骨もパウダー状にする必要があります。

陸地での散骨では土地所有者に許可を取らなければならない事や、近隣の人々の心情への配慮の問題などからあまり行われていません。陸地での自然葬は、墓地として認可された場所で埋葬許可を取って樹木葬が行われる事が多いようです。海洋葬、樹木葬ともに特徴は、基本的に墓標などは残さない事で、自然の循環の中に還っていく事を願って行われます。宗旨、宗派などは問われる事はないのが普通で、生前に信仰を持たなかった人でも違和感なく行われる葬儀と言えるでしょう。

お墓も作らないので、費用もおさえられます。自然葬の後の供養は基本的には行われないので、子孫にお墓の管理や供養で迷惑をかける事もありません。最近の傾向としては、少量の遺骨を手元に残して手元で供養を続ける手元供養を行う事も多いようです。また、樹木葬などでは、生前の名前をプレートに刻字したりするなど、一般のお墓と自然葬の中間的な意味合いをもつお墓も増えてきているようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です