葬儀に着ていく服のマナー

葬儀に出るのはとても悲しいことですが、見送るためにはきちんとした服装で見送らなければなりません。そこで今回は、葬儀に着ていく服装のマナーについて紹介していきたいと思います。まずは喪主の方です。喪主の方は葬儀には、モーニングコートを着用します。

シャツはレギュラーカラーの白無地のみです。ここで注意しなければいけない事は、ネクタイは必ず黒にする事です。これは基本ですね。ベストは上衣と共生地の黒で白の襟は外してください。

サスペンダーも黒です。スラックスはダーク系で、縞が太く派手めなものは避けてください。基本的にアクセサリーや靴も黒で合わせる事がマナーです。女性の喪主の方は、ブラックフォーマルドレスを着用します。

ローブモンタントを原型としたワンピース、スーツなどを着てください。襟元がつまっている事と長袖が原則です。またこれも同様にその他のアイテムは黒で統一してください。ストッキングも黒です。

次に参列者の方です。男性の方はブラックスーツを着用します。シャツはレギュラーカラーの白無地のみです。ネクタイは必ず黒で、無地や織り柄にしてください。

ちなみに、法事のネクタイはダークグレーです。そして、やはりアクセサリーなどは全て黒で統一します。女性はブラックフォーマルスーツを着用します。これは黒を基本とした、ワンピース、スーツ、アンサンブルなどです。

アクセサリーですが、白の真珠はだいじですが、基本は黒で統一してください。尚、ストッキングも黒の方が望ましいです。以上が、正しいマナーとなります。気持ちよく見送ってあげましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です