葬儀の際の服装のマナー

葬儀と言うのは、大切な人との別れをしのぶだけでなく、色々なことに気を配らなければならないものであり、とても大変なものです。遺族側も大変ですが、参列者もさまざまなマナーに気を付ける必要がありますから、注意が必要です。葬儀のマナーとして、携帯電話の電源の問題はもちろんですが、焼香の仕方、香典の用意なども重要ですが、忘れてはならないのが服装です。真面目な気持ちで葬儀に参列していても、服装の配慮が足りないと、その気持ちが間違った形で伝わってしまう恐れがありますから十分注意が必要です。

例えば、男性が礼服を選ぶ際に気を付けたいのが、身体へのフィット感です。葬儀はビジネスシーンとは違いますから、あまり体にピッタリとした服を選ぶのは良くありません。ぶかぶか過ぎるのは、それはそれで問題ですが、多少余裕を持たせて選ぶことが大切です。また、素材ですが、結婚式のようなおめでたい席ではありませんから、テカテカとした光沢感のあるものはNGです。

なお、よく若い人の場合にはダブルのスーツではなく、二つボタンのタイプの方が違和感がないものです。ネクタイと靴下は黒色、シャツは白い物を選択するべきですが、ここで気を付けたいのがシャツの状態です。頻繁に葬儀に参列する機会のある人であれば問題ないことが多いですが、滅多に参列しない人の場合、長期間保管しておいたシャツが黄ばんでいたりする場合があります。靴下も同じことで、穴が開いたりしていないかよく見ておくことが大切で、状態に応じて新しい物に買い替えた方が良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です