希望の葬儀の形があるならしっかり伝えておく

自分が亡くなった後のことについては、自分でなんとかするわけにはいきません。家族や信頼できる人に亡くなった後のことを依頼することは必要なことといえるでしょう。遺産の行先を決めるために遺言をするという方は多くなっていますが、それと同様に葬儀についても検討していきたいものです。自分の人生の締めくくりとなる葬儀については、してほしいことや希望の形というものがあることが多いものです。

場合によっては費用を掛けずにささやかなものでよいと考えている方もいるかもしれません。しかし、そういった希望も誰かに伝わっていなければ実現することができないのです。一人に口頭で伝えていても、それを証明できなければ親戚などの横やりが入り、希望の形が実現できないという事もあります。誰かの負担にならないよう、自分の希望は書面に残しておくなどの準備をしておくべきでしょう。

財産分与のための遺言なら、少し後に発見されても効果はありますが、葬儀の場合には死後すぐに執り行われることもあり、後から発見されても効果がないことがあります。葬儀についての希望を書き残した書面については、すぐに見てもらえるように関係者には伝えておくようにしましょう。わかりやすい場所に置いておくことがポイントです。こうした点に注意して自分の希望を残しておくことにより、自分の旅立ちを自分らしく迎えることができるようになります。

まずは自分の希望を固めるところから始めてみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です