宗教による葬儀の違いは

日本は憲法によって、個人の宗教の自由が保障されています。どのような宗教を心の糧にしていたとしても、他者から咎められることはありませんし、咎めてもいけません。大変宗教に対しては開かれた国といってもよいでしょう。そのため、葬儀方法に関しても、多種多様です。

とはいえ日本では仏式で執り行うことが最も多く、その次に神式となり、少数派としてキリスト教式やその他の宗教があります。仏式が全体の9割を占めています。その仏式の中にも宗派がありますので、葬儀を執り行う側は、その宗派の決まりごとに基づいて計画と実行を行います。徳に違いが大きなものとして、浄土真宗と日蓮宗が挙げられます。

浄土真宗は親鸞上人の教えに従い、戒名を持たずに三宝に帰依します。法名を与えられ、これを参列した人々で確認するのが葬儀の役割となります。儀式です。 日蓮宗においても戒名がないことは同様ですが、法華経を日々戒しているから必要ないといった「理由」に違いがあります。

これも生前の信心に対して法号が与えられます。このような違いは若干ありますが、一般的な縁者として参列する側が大きく配慮しなければならないということはありません。僧侶による読経と参列者の焼香がメインです。仏式の宗派の違いで戸惑うことはあまりありませんが、神式やその他の宗教ということになれば、かなり違ってきてしまいます。

参列のご案内が来た時点で仏式ではないということがわかれば、基礎知識程度は確認して参列した方が無難です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です