葬儀の形式が変化しつつあります

人が亡くなりますと葬儀を行います、それを行う人や亡くなった人の死生観や宗教観が深く関わった様式で行われることが多いものですが、日本ではほとんどが仏式で、またその土地その土地の風習でされます。参加者は、通夜式と葬儀の日時の連絡を受けて出席のための段取りをしたり、また親しい方であれば花やお供え物をして頂くために、係の方にお願いをします。しかし、葬儀を執り行う喪家や遺族にとってはそれだけに止まりません。家族が亡くなったその時から、葬儀屋さんと相談しながら役所への届け出、式の進行、後日の法要、社会的手続きに遺品整理など、故人に関する様々な事柄を行っていかなければなりません。

一番忙しい時は、亡くなってから火葬後骨上げをする2日から3日間ですが、喪主はこの一番悲しみに暮れている時に一手に多くの事を決定していかなければなりません。故人が天寿を全うする年齢であるならば同じ悲しみでも救われる所が有りますが、もし歳若くして逝かれたり、自分の子供で有りますと式の準備する事などは大変に厳しいものです。最期の別れを式の準備や参列者への挨拶で、故人とゆっくりとした時間が取れないのは心残りだ、という事で式を簡単にする傾向に有ります。家族葬は、家族や親戚そしてごく親しい方々で行います。

葬儀を行う事は法的に義務ではありませんので、亡くなった場所から搬送し納棺、安置、死亡診断書の提出、火葬埋葬許可書の取得そして火葬という直葬が最近では徐々に多くなっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です