自然葬は故人の自由と意思を尊重する葬送

自然葬とは、人間以外の多くの生命がそうであるように、大自然の中に還す葬送です。墓石を立てた従来のお墓ではなく、火葬した遺骨をパウダー加工して海・山・空などに散骨します。お墓がないと聞くと、不安やもの寂しさを感じる人もいるでしょう。しかし、自然葬は現時点では法に反するものでもなく、葬送の自由を尊重した一種の葬法として広がりをみせています。

近年、少子化や高齢化社会の進む日本では、自然葬は決して稀なケースではありません。家族にお墓の手入れで苦労をかけたくない、思い出の場所に眠りたい、死してなお俗世にとらわれたくない、といった故人の様々な願いや希望がそこにはあるのです。自由意思の概念が定着している海外では、各国の首相や著名人も自然葬によって自然へと還りました。一般的には、生前に口頭、あるいは故人がしたためた遺書から本人の意思を汲み取り、遺族の手によって叶えられることになります。

例えば、海洋葬で散骨する場合は、沖まで船やヨットを出し、船上からセレモニーを行います。人気の高い海葬場所は沖縄周辺の美しい海ですが、大阪湾・茨城大洗などでも実施されていますから、故人にゆかりの地を選ぶのも良いでしょう。空から散骨する場合は、自宅や生家の上空をヘリで周回してお別れを言ったあと、海上へ出て空から散骨するプランもあります。代理法要サービスを設けたり、お骨の一部を永久供養したりと、アフターケアに力を入れている業者もあります。

散骨時に遺骨を直径2mm以下のパウダー状にしますが、これは明確に法で定められているわけではなく、自然葬を取り仕切る業者が自主規制を敷いたものです。故人を安らかに送り出すためには、節度を順守した散骨をすることが大切です。市川で葬儀のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です