自然葬にかかる金額はどれくらいなのか

自然葬は通常の葬儀と比べると比較的安価に執り行えるということで知られていますが、それでも無料で行えるわけではありません。自然葬を請け負っている葬儀社に対して依頼を出すという場合には、その手続きの中で費用がかかってくることとなります。では実際に自然葬にかかる金額はどれくらいなのかと言うと、これはその種類によって変わってきます。まず比較的多くの人が希望する海への散骨の場合ですが、これは最も安いプランだと5万円程度で行えることもあります。

ただこの場合は委託散骨と言う形となり、遺族が立ちあうことはできません。遺族の立会いを行うプランになると他家との合同散骨で10万円程度、個人散骨だと散骨をする海の場所にもよりますが、国内の海だと25万円から40万円の範囲内に収まることが一般的です。次に海洋散骨と同様に希望者が多い樹木葬の場合ですが、これは地域による価格差や、実際に植樹する樹木の種類、プレートの有無などによってかなり価格が異なります。安く執り行う場合には10万円台で行えることもありますが、こだわりのプランを作っていくと80万円ほどまで価格が上昇することもあります。

ただよほど特別なプランを選ばなかった限りは100万円を超えることはあまりないと考えて良いでしょう。最後にあまり選ぶ人はいませんが、自然葬の中でも特に特徴的な物となる宇宙葬の場合はどうなるかを見てみましょう。宇宙葬の場合は遺骨・遺灰をロケット等に乗せて宇宙へ飛ばすため、かなりの費用がかかります。遺灰1グラムでも40万円から50万円、夫婦の遺灰など二人分の遺灰を同時に送り出す場合には60万円から70万円ほどがかかります。

最近だとNASAと協力した月面葬なども行われていますが、これは遺灰1グラムで250万円とかなりの金額となります。自然葬といってもかかる費用はまちまちですから、事前に確認しておくことをお勧めします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です