自然葬を行う前に考えておきたいポイント

近年ではかつてまであった日本の宗教観はかなり薄れてきており、人の死に関しても様々な見方を持つ人が増えてきました。そうした中で現代の新たな葬儀の方法として認識されるようになったのが自然葬です。墓地にではなく自然の中に遺灰・遺骨を葬ることで行われるこの自然葬は、近年になって非常に注目を集めるようになりました。ですがこうした自然葬はこれまでの葬儀とは異なる方法であるわけですから、実際に葬儀の方法として選ぶ際にはいくつかのポイントをチェックしておく必要があります。

まず最初に考えなくてはならないポイントとなるのが、遺族の感情です。こうした方法を選ぶ場合、それが墓碑の代わりに植樹をする樹木葬という方法でもなければ故人を直接象徴できるものは無くなってしまいます。故人からすればそうした象徴が無くなっても困りませんが、遺族がお参りをする時には何に対してお参りをすれば良いのか戸惑う原因にもなってしまいます。また夫婦のうちどちらかが「同じお墓に入りたい」と考えている場合も同様で、同じ場所に散骨をするなどの手段を取る必要が出てくることも注意が必要です。

また同様に考えておきたいのが、こうした自然葬には反対的・否定的な意見を持っている人もいるということです。自然の中に遺骨を撒くという方法になると、山林部であれば土地としての価値の変化、海であれば漁業への影響が心配されることもあります。自宅の敷地内に遺骨を埋めると言う場合も同様で、近隣住民の中には時として、自身の住んでいる近くに人のお骨が埋まっているということに嫌悪感を示すこともあります。そうしたことが発展してトラブルになるということもありますから、自然葬は必ず専門家や専門業者に依頼をするようにしなくてはならないのです。

こうした方法で葬儀を執り行う場合には、必ずこうしたポイントに注意をしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です