自然葬と宗教の関係性

現代では比較的よく行われる葬儀の方法として自然葬が知られるようになってきましたが、こうした方法が全世界で一般的なものかと言われればそうではありません。葬儀という儀式はどのような地域であっても宗教などの文化と深く結び付いていますから、地域によってはこうした行為が禁忌とされることもあります。では自然葬と宗教の関係はどのようになっているのかと言うと、まず日本伝統の宗教観からすれば、こうした自然葬はさほど異端な物ではありません。日本という国には伝統的な宗教観念として山岳信仰、つまり死んだ後の人は土に還るという思想があります。

この山岳信仰があるからこそ遺体は火葬して骨壷に入れたのち、お墓の下の土に埋めるという文化があったのです。自然葬という方法は遺骨や遺灰を自然に撒くことで葬儀の代わりとするものですから、少なくとも日本の山岳信仰の考え方とはマッチしています。では他国の宗教としてはどうかというと、まずキリスト教の場合は伝統的な思想の中には「死者の復活」という教義があります。これは簡単に説明すると死後の人はいつか永遠の命を持って復活するという考え方ですが、この復活には死後であっても肉体が必要とされており、火葬を否定する考えとなっています。

そのため遺体を燃やして灰とし、それを自然に撒くということは否定的な考えがあるのです。ただこれは比較的保守的な思想であるため、近年だと火葬率や散骨による葬儀を望む人が増えていることは注意しておく必要があるでしょう。次に世界的に信徒の多いイスラム教においては、そもそも火葬と言う方法自体が絶対の禁忌とされているため、人の遺体が灰にされることはほぼありません。遺灰になることがない以上、それが散骨などの形で弔われることはほとんど無いと考えて良いでしょう。

自然葬にはこうした宗教的な観念が関連してくることがありますので、人それぞれの思想を大切にする必要があるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です