自然葬ができる場所はどこなのか

自然葬を行う際には基本的に散骨などの形で遺骨・遺灰が自然の中に撒かれるわけですが、これはどこでもできるというわけではありません。例えば他人の私有地に勝手に踏み入って遺骨を埋めるということは犯罪行為ですし、自分の所有地であっても近隣からの苦情が発生して問題になることがあります。では自然葬ができる場所はどこになるのかというと、まず最も基本的な場所となるのが宗教法人が持つ墓地などです。こうした場所ではその地を有する宗教法人が管理する地で、適切な順序を追って遺骨や遺灰が散骨されることとなりますから問題は発生しません。

また特に人気の高い海への散骨の場合ですが、これは基本的に太平洋などをはじめとする人の管理がされていない自然の海に散骨をすることとなります。中には故人がよく釣りに行っていた港や、マリーナなどに散骨をしたいとして希望をする人もいるのですが、現実的には様々な問題があるためにそういったことは認められないことがほとんどです。釣に行っていた港に散骨がされるとそこで水揚げされる魚介類に対して「人の骨を食べていた」などの風評被害が発生することが予測されますし、マリーナも散骨がされた場所と言うことで利用者の心象に影響を与えることがあります。自然葬を望む人はかなり増えてきているだけに、それぞれの希望者がしっかりとした認識を持つことが必要とされるようになりました。

勝手な判断で自然葬を執り行ってしまうと後になってからトラブルに繋がることもありますので、しっかりとした業者などに依頼をして行うようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です