自然葬を望む人が増えています

現代の私たちの日本の社会では、死後は火葬が行われるのが最も一般的です。火葬されると遺骨は骨壺に入れられ、墓に納められます。しかし近年、自分の死後に自然葬を望む人が増え始めてきています。自然葬が私たちにもたらす利点は、どういったことが考えられるでしょうか。

自然葬はまず、死後は自然の大きな循環のなかに還るという死生観の考えが基になっています。あとは墓地や霊園といったものを作るために、自然環境を壊さないようにしようという環境問題への配慮も基になっています。それから自然葬は家ごとに墓石を建ててそこに眠るというようなかたちではありませんので、自分の子孫などにお墓を守るというような責任を負わせることがないという、後に遺る世代への思いやりといった側面も含まれています。自然葬には例えばどんなものがあるかというと、有名なものとして海や空や山などに遺骨を還す散骨があります。

陸地での散骨は抵抗を感じる人も多く、トラブルに発展してしまうことも多いため、宗教法人の霊園において、樹木葬という形式がとられています。樹木葬にはさらに山の奥深いところで眠る里山型、霊園の中の特定の区画や木の下で眠る公園型、創られた庭園の中で眠る庭園型などがあります。その他には遺体を風にさらして風化させる風葬、土に穴を掘り埋める土葬、動物に遺体を捧げる鳥葬、遺体を凍らせて粉末状にしてから、デンプンの棺に入れて地中に埋める冷凍葬などがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です