葬儀の費用には飲食代もあります

人生の中で、そう何度も遭遇することがないのが葬儀です。知り合いなどの告別式に参列することは何度も経験しますが、実際に自分達が葬儀をする立場になることは本当に数は少なくなります。そのために、ほとんどが慣れている人はいないのが現状です。葬儀は、突然に起こる出来事になり悲しみがまだ残る中で時間に追われるようにしていく雰囲気があります。

そのために、肝心の費用の内訳もわからないまま気がつくと全てが終わっているということも珍しくありません。まず、費用にはどんな形でするかで内容や予算もかわります。最近は、セット料金を提示している会社が多く、必要なものはセットの中に含まれています。それに、自分達の希望を入れると追加料金がかかることになります。

ただ、間違いやすいのが、通夜や告別式のあとで精進料理などを食べる習慣がありますがこれはセット料金には入っていません。別に費用が、かかることと参列者へのお礼の祖供養なども別になります。このように、祭壇やお花、棺などはセット料金に含まれますがそれ以外にも同程度の費用がかかるのが通常です。つまり、セット料金が40万円と仮定するとあとの飲食代やホール使用料などを合わせると総額の金額は2倍程度の80万円はかかる計算です。

まず、葬儀に前に簡単な見積もりをしてくれる会社があります。その見積もりを、してもらうとおおまかな予算が把握できます。最近では、この費用もローンの分割で支払うこともできます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です