あらかじめ考えておきたい、葬儀費用のこと

最近では葬儀に関するスタイルも多様化してきました。必ずしも古来からの方法に則ったものだけではなく、さまざまなスタイルが登場しています。またその費用も、高額なものから少額で済むものまで、さまざまな様式の中から選べるようになりました。葬儀は故人を送るための儀式であるため、必ずしも費用をかけたものである必要はありません。

けれども実際に葬儀を行ったところ、想定していた以上に費用がかかってしまったという話は、決して少なくありません。こうした費用の他にもさまざまな出費があるため、ますますその負担は大きくなるばかりといえます。最近では「終活」とも言われ、生前のうちに自分の死後のあれこれについて、文書などにまとめておく人が増えてきています。家族や知人などに対して、自分の死後のことに関する意志を伝え、後に残された人たちができるだけ苦労せずに、死後の整理を行えるようにとの配慮のもとに行われるものです。

もしそうした故人の遺志がある場合にはそれに従い、そうしたものがない場合には、故人を見送る家族ができる範囲での葬儀を行うことで、故人にもよろこんでもらえることは間違いありません。多くの参列者に出席してもらう式もある一方で、家族とごく親しい友人だけで見送る式も増えてきており、ますます葬儀のスタイルは多様化しています。大切なのは故人をお見送りするということであり、費用の面でも無理のない範囲で、故人の意思を尊重した形で執り行うことが大切だといえるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です