葬儀の事前相談のメリット

家族が亡くなり、いざ葬儀を取り仕切らなければいけないとなった時、何をしていいのか、誰に連絡すれば良いのか、どんな手続きをすればいいのか全くわからず、なんとなく周りの言ことを聞いてお葬式を行ったら高額な請求書が来て驚き慌てて定期預金を解約した、なんて人も少なくないと思います。これまでの日本の風習では、経験しない限り葬儀に関することは事前に知ることができない世界でした。しかし、昨今は「終活」などといって、自分にもしもの時があった時のために生前から葬儀社に相談する「生前相談」が増えています。昔はそういう話は縁起でもない、とタブー視されていましたが、現実に死は誰にでもやってきます。

その日のために、事前に準備できることはしておくというのは大変効率的ではないでしょうか。事前に備えていない限り、お葬式は主役である故人の趣旨は皆無です。でも、事前に話し合いをしておくことで、本人が望む規模や飾りつけで葬儀を行うことができます。自分でプランや規模を選ぶことで料金も事前に見積もりできますので、必要分を事前に準備・確保しておくことができます。

また、誰を呼んでほしいか事前にまとめておくことで家族もあたふたすることなく、また連絡漏れで大事な人にお別れができないといったことを防ぐことができます。このように事前相談は葬儀に本人の希望が生かされるという点と、いざという時に家族が準備や手続きをスムーズに行えるという大きなメリットがあるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です