移動時の相談も葬儀社に頼める

ご遺体の安置場所から火葬場へ移動する時には、参列者も一緒に移動します。このとき、喪主は故人と一緒に霊柩車に乗って移動しますが、他の参列者は自分の車で移動するか、もしくはマイクロバスやタクシーなどで移動する必要があります。たいてい、火葬場は山の中にあります。街の中にあるということは少ないので、移動手段はたいていマイクロバスを利用します。

複数のタクシーを葬儀当日に手配するのは難しいので、移動のためにはマイクロバスを手配しておいたほうが良いです。手配については、業者に葬儀の相談をするときに一緒に伝えておけば手配してもらえます。タクシーは基本的に、葬儀社では手配してくれません。マイクロバスまでは必要ないという場合には、なるべく早めに多めのタクシーを用意しておいたほうが良いです。

人数がいるのであれば、マイクロバスのほうが便利です。こちらは葬儀社で手配してもらえます。マイクロバスだと、移動人数が少し増えても、真ん中の座席を出して座るなどすれば、対応できます。往復してくれるので、火葬場でお酒が入った場合でも大丈夫です。

移動時のマイクロバスの料金がプランに含まれている葬儀社もあるので、最初から利用するつもりであれば、それを使ってみても良いでしょう。ちなみに、マイクロバス以外にもハイヤーも手配してもらえます。移動人数がどれくらいになるかを検討して、移動手段を事前に考えて頼んでおけるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です