葬儀の費用とその内訳について

葬儀は故人を偲び、大切な人との別れをする大切な場です。しかし、葬儀を執り行うということは、それなりの費用が必要になってきます。いざというときのために、どれぐらいの費用が必要で、その内訳はどうなっているのかをきちんと知っておく必要があります。葬儀の費用の全国平均は200万円前後とされています。

参列するの人数などで大きく差がでますが、一般的にはこの価格帯が一番多いとされています。内訳は大きく分けて3つになります。まず一つ目が通夜、葬式本体費です。これは、通夜や葬式の式場費や遺体の搬送費、供花などの葬儀を行うために一式ということになります。

こちらはほとんどが葬儀会社がそれぞれ値段をつけていたり、セットで値段をつけていたりしています。これらはランクによってかなり値段が違ってきますので、どのぐらいのランクで行うかを決めておくことが大切です。二つ目が飲食接待費です。こちらは通夜ぶるまいや告別料理、会葬返礼品や、会葬礼状などになります。

飲食接待費は、参列される人数によってかなり費用が違ってきます。通夜ぶるまいや告別料理は一人頭5000円程度の料理が相場となっています。また会葬返礼品は、参列していただいた全ての方に、お茶やタオルなど1000円から3000円ほどの相場の品物に会葬礼状をつけて渡します。三つ目がお寺の費用です。

お布施と呼ばれる読経料や戒名料などを直接お坊さんや神父さんなど宗教者に渡します。こちらも各宗教、宗派などによって価格が異なりますので注意が必要です。市川で葬儀のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です