保険金で賄う葬儀費用

葬儀は突然やってくるため、葬儀費用を貯めるに至らず、資金集めに奔走するということが時折見られます。葬儀を行うだけでも100万円単位の費用がかかります。業者によっては後払いにしてくれるところもあり、香典によって賄うことが出来ればそれに越したことはありません。しかし、日程によっては思ったほど参列者が来ず、香典が回収できないことも予想されるため、やはりある程度のまとまったお金は用意しておきたいところです。

そうしたときには、生前に保険に加入し、亡くなったら葬儀費用が保険金として下りるようなタイプのものにすることをおすすめします。葬儀費用が下りるタイプの保険はそれだけで販売されることは少なく、入院や通院などのものとセットになっている場合が大半を占めています。そうすることによって、入院や通院に備えるだけでなく、遺された家族のために使うことができるようになります。一般の保険に比べ、亡くなった時の保障はあまり高いものではありませんが、その分、1日あたりの入院で支払われるお金を増やしたり、満期になった際に多く返ってきたりといったことにそのメリットがいくようになっています。

こうすることで突然亡くなってしまい、葬式を行うことになったとしてもあわてることなく葬式を行うことが出来ます。亡くなった方の口座で費用を捻出しようとしても亡くなってしまえば口座は凍結され、困ってしまうというのは多々あります。保険金で賄うようにしておけばこうした心配をせずに済みます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です