火葬だけ行う直葬の葬儀費用

葬儀といえばお金のかかるイメージがあり、生活に困っている人からすると葬儀を行うのは難しいのではないかと考えてしまい、ごくまれに亡くなった家族の遺体を放置してしまい、警察に捕まってしまうケースがあります。確かに参列者を招く一般のものでは100万、200万とかかりがちですが、火葬だけの葬儀、いわゆる直葬にすればその費用はかなり安く、なんとか賄える費用となります。直葬とは通夜や告別式をやらず、火葬だけを行うもので、法律で定められている24時間の遺体の安置の後すぐに火葬を行い、それで終わらせることが可能となります。その際の費用は火葬代や諸経費を入れて20万円程度ですることができます。

また、健康保険に入っている場合には見舞金が自治体からでます。これがだいたい数万円のため、実質的な自己負担額は10数万円程度となります。また生活保護受給者は火葬のみの葬儀を行えるだけの費用を自治体から出してもらえるため、自己負担額は実質ゼロです。なので、葬儀代金を払うことすら厳しいという状況の世帯が仮に生活保護受給の対象であれば自治体にすぐ相談することをおすすめします。

最近では葬式自体をやりたくないと思っている人も多く、経済的理由ではないところで直葬を求める人が増えています。特に近所づきあいなどが希薄になりやすい都市部において、直葬を選択する人が急増し、地方部でもいずれこの流れが訪れることが予想されており、こうしたサービスを取り扱う業者が多くなりつつあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です