葬儀の費用はその会社によって多少の差異がある

葬儀を執り行うときには、形式を決めなければいけないのですが、遺族の方が葬儀会社の担当の方と相談して決めることがほとんどです。葬儀にはいろいろな形式があります。直葬、一日葬、家族葬、一般葬です。どの形式を選ぶのか、というのは、その遺族の方の希望なのですが、生前の故人の希望で決めることもあります。

直葬はお通夜や告別式などの儀式をせずに、火葬のみで済ませてしまう形式です。この形式を選択する人の理由によくあるのが、費用をかけることができない、後日改めてお葬式をする、故人の意思による、というものです。直葬を行うときの費用は、セット料金で10万円から40万円ほどがほとんどです。葬儀会社によっても違いもありますが、主に火葬料金の違いで差異がでてくる、ということです。

一日葬は、通常では二日間かかえて行う、お通夜、告別式を、一日で行う形式のことで、ワンデーセレモニーともいわれています。最近、首都圏で選ばれることの多い形式で、多くの場合がお通夜を省き、告別式のみ行われます。この形式の費用は、だいたい50万円から100万円が目安です。家族葬は、遺族はもちろん、親しい人を中心に少数人が集まって、故人と最期のお別れをする形式です。

少人数といっても、規模の人によって異なります。家族だけが集まって行うことも多いですが、家族や親戚のほかにも、友人、知人なども含めて50人から60人前後の人が集まる葬儀になることもあります。一般葬は昔から執り行われてきた形式で、参列したことがある人も多いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です