葬儀の前に準備しておくこと

現在は葬儀社によって一般葬や家族葬、一日葬などプランによって用意してもらえるものやだいたいの金額が決まっているところも多いので、昔と違って遺族がこまごまとした準備をしなくても大丈夫なケースが増えています。しかし遺族でなければ決められないこともありますので、事前に準備や打ち合わせなど話し合いをしておくことが大切です。まず大事なのが喪主を誰が務めるのかということです。一般的にはまず配偶者が、次に長男次男と男系の家族が続きいない場合には、長女や次女といった血縁者が務めますが、誰もいない場合は両親や兄弟が喪主になる場合もあります。

また配偶者が健在でも高齢などの理由によって長男などが代わりに努めるというケースもありますので、誰が喪主を務めるのかはあらかじめ決めておくとその後の流れがスムーズになります。それから宗派の確認も準備段階で確認しておきましょう。最低でも仏式なのかキリスト教や神式なのかぐらいは把握しておかなければ、葬儀社も準備ができません。また近所にどのような葬儀社があるのか確認しておくことも大切です。

できればどのくらいの料金がかかるのかなども調べておくと安心でしょう。葬儀というのは突然手配しなければなりません。そういった時に心当たりがなければ自宅から遠かったり、内容に納得ができなかったりする可能性があるのです。縁起でもないと思うかもしれませんが、事前にある程度の準備をしておくことは大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です