ビジネス/オフィス, 士業, 税理士

税理士転職におすすめの時期について

税理士業界における転職が成功するか否かは、他の業界よりも時期に左右されます。税理士業界において最も転職を希望する方が増えるのは、税理士試験が終わった8月と言われています。この時期における求人は、主に税理士試験の受験者をターゲットにしているため、転職者や求職者の年齢層は低めで、実務経験も少ない方が多いです。採用する側も主にポテンシャル採用を想定しているので、税理士試験を目指している方はこの時期での採用を狙うことをおすすめします。

なお、この時期での税理士転職は、実務経験が少ない方でも成功する可能性が非常に高くなっていますが、8月になってから転職活動を始めてもライバルが多くなってしまうので、求人数が増え始めるゴールデンウイーク前後に転職活動を始めるのが良いでしょう。また、税理士試験の発表が行われる12月も転職希望者が増える傾向がありますが、12月は会計事務所や税理士法人が繁忙期に備えて求人数を増やす時期でもあります。会計事務所や税理士法人は必要に迫られて求人を出すので、この時期の税理士転職は待遇が良くなる傾向がありますが、転職に成功しても入社後すぐに繁忙期が訪れることになります。研修や先輩からの指導が受けられる余裕がない可能性が高いので、この時期での税理士転職は基本的に実務経験を積んだ方でないと厳しいでしょう。

一方で、実務経験が豊富な方の場合は、待遇が良くなる12月の採用を目指すべきですが、即戦力になれる自信がある方でも、ライバルが増える前に転職活動を始めた方が有利となるので11月から転職活動を開始しましょう。税理士転職のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です