ビジネス/オフィス, 士業, 税理士

税理士転職ではこんな需要が

税理士転職では多彩な選択肢がありますので、それぞれの転職先のメリットとデメリットを比較して判断しましょう。収入はもちろん、はたらき方や必要になる専門知識なども千差万別で、自身の能力を活かすこともできれば、自由度の高い働き方を目指すこともできます。需要の大きさについては職場によって違いがありますが、スキルがあれば難関の職場にも採用チャンスはありますし、逆に人材不足な現場も探すことが可能です。まず税理士転職で最もメジャーなのは、法人事務所への転職と言えます。

税理士法人はもちろんとして、多角的な経営をしている場合には弁護士や司法書士と一緒に働ける職場が選べるのです。法人顧問業務の他に申告書作成を任させることが多く、特に若手の場合は積極的な採用が期待できます。中高年になるとキャリアが必要ですが、管理経験や高度な専門スキルがあれば大手の事務所への移籍も可能でしょう。後は、税理士転職はコンサルタントへも狙い目です。

近年は相続税の射程が広がるなどして、税制知識が問われる場面は増えてきました。またM&Aや生前の相続対策などもコンサルタント業では視野に入ります。狙い目の分野を見つければ、専門知識を活かしてチャレンジできるでしょう。後は一般企業への転職も選択肢となります。

専門的な知識を活かして、企業の税務をサポートすることが求められるはずです。若手も採用されていますが、ノウハウがある税理士も勝負できる分野でしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です