ビジネス/オフィス, 士業, 税理士

一般企業への税理士転職のメリット・デメリット

税理士転職には様々なケースがあります。大手事務所や独立などがほとんどですが、一般企業への転職も可能です。ただし一般企業への税理士転職には、メリットとデメリットの両方があります。まずメリットですが、税理士事務所で複数社の事例に触れてきたことを活かせる点が挙げられます。

多数の案件を見てきているので、自社の課題に対して他社の事例などを参考にし、合理的な対応策を提案できます。また、税務以外の仕事に携われることも大きなメリットです。税務だけでなく、ビジネスに関して幅広い視野から考えられることが可能となります。人間関係については、税務以外の仕事仲間ができるため刺激を受けられます。

企業経営について様々な観点から一緒に考えられることも、メリットの一つです。そしてデメリットに関しては、業務に関する裁量権が少ない点が挙げられます。転職したからといって、全て自由にできるわけではありません。企業においては、独立する場合よりも業務に関する裁量権は小さくなっています。

さらに、サラリーマンに移動はつきものです。税に関する部署に配属されないかもしれないという覚悟は、必ず持っていなければなりません。他にも、税理士資格が評価につながらないこともあります。企業では一般社員との関係を考慮して、税理士であっても特別扱いしないことが考えられます。

つまり一般企業への税理士転職では、税理士資格による優遇を期待しすぎないことが重要であるといえます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です