ビジネス/オフィス, 士業, 税理士

税理士転職をお考えなら

手に職と持つと言えば「士業」がいつの時代も人気が高く、安定性のある職業です。士業とは、文字通り「士」が付く職業のことで、弁護士や税理士、会計士、また「師」が付く職業もこれに含まれ、医師や薬剤師なども含めて「しぎょう」と呼ばれています。社会的地位と安定性が高い職業で、コロナ禍でサラリーマンとしての働き方に不安を持ち、とくに税理士転職へ興味を持つ方が増えてきています。もちろん税理士転職を果たすためには、税理士試験に受かる必要がありますが、まだ二十代の一般企業へお勤めの方であれば、仕事をしながら勉強に取り組み、資格を取得できる可能性は十分にあります。

人生100年時代と言われながらも日本国内の雇用は安定せず、大企業すら早期退職を導入する時代で資格を持っていれば、今後の人生設計も立てやすくなることでしょう。税理士転職を果たすにあたって、未経験であればその分を資格や知識で補っていく必要があります。社会人経験が長ければ、これまで企業で働いてきた経験を生かして人脈で顧客を増やすと言ったことも先々には可能になってきますが、まずは税理士事務所に勤めることが先決です。どのような職種も30歳を超えると一気に難しくなると言われていますが、それも結局は「人による」ところが大きいです。

二十代後半、あるいは三十代から税理士を目指す場合は若い方以上に勉強や資格取得が必要になってきますが、これはどの職種でも言えることです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です