ビジネス/オフィス, 士業, 税理士

税理士転職で聞かれる転職理由

税理士転職では書類に通過して面接試験を受けられれば、合格にかなり近づいていると考えられます。しかし、書類の作成には時間をかけられても、面接はその時の流れを汲んで対応しなければなりませんので、苦手としている人は多いようです。聞かれて困る項目として退職理由があり、税理士転職でも必ずといってもいいほど質問されます。実際には色々な不満を抱えていて、それを解消できる未来が見えないために転職に踏み切ったという人が多いのですが、ネガティブな内容をそのままストレートに伝えるのは良い印象を与えません。

言っていることが正論でも、入社後に同じような不満を抱えてすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまうためです。よく退職理由にはポジティブな内容が良いと言われますが、そのためには少しコツがいります。税理士転職ではキャリアアップを目指す人も多いので、それを活用するのも一つの方法です。在籍している職場では与えられる仕事に変わりがなく、新たなスキルや知識を身につけられないため、可能性を広げるために転職活動を行ったという風に持っていくのも良い方法です。

できればその流れのまま志望動機につなげて、応募した会社の業務に絡めてやってみたい仕事をアピールするのが効果的ですし、会社のことをよく調べていることも伝えられます。本当に興味を持っている会社のことは誰でも調べますので、リサーチ不足の人はそれだけで敬遠される可能性があります。税理士転職のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です