ビジネス/オフィス, 士業, 税理士

30代・40代の税理士転職を成功させるポイント

税理士転職を成功される上での大きな特徴のひとつが、年齢に見合った経験やスキルが身に付いているかどうかです。20代は未経験者として許されることでも、30代の中でも特に35歳を過ぎると、専門性や営業力や調整力やマネジメント力やその経験など多岐にわたるスキルが求められるようになります。その傾向は40代になるとさらに強くなると言えるでしょう。30代・40代の税理士転職では、税務申告書の作成など一般的な税務経験はもちろんのこと、国際税務や移転価格やIPO・SPOなどのプラスアルファの経験や知識があると、その転職先によって求められて高い評価をされることもあります。

今現在税理士事務所に勤務している場合には、会計事務所への転職がやはりスムーズであると言えます。30代税理士転職は、会計事務所から一般企業への転職も十分考えられます。中でも特にBIG税理士法人に在籍していた場合は、大手企業や上場企業で高評価されることも少なくないようです。また、会計事務所に勤務している40代の税理士が転職する時も、引き続き別の会計事務所に転職することがスムーズであると言えますが、マネジメント経験が豊富であったり高い専門性を持ち合わせている場合には、それらを活かせる一般企業への転職の可能性も十分に考えられます。

このようなスキル面に加えて、40代の税理士転職においては、新しい環境に対する適応能力が高いなどの柔軟性が高い税理士が、一般企業へのキャリアに成功しやすい傾向であることも重要なポイントに挙げることが出来ます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です