ビジネス/オフィス, 士業, 税理士

税理士転職を成功させる退職理由

税理士転職の退職理由は通常雇用条件に不満を持ったり残業が多すぎてプライベートを充実させることができなかったり、正当な評価を得られていないと感じる等のネガティブなものが多いので、履歴書にもそのような内容を記載してしまうことがありますが、それは間違いです。退職理由にはその人の性格的な面や考え方が強く出ますので、採用担当者はどのような人物なのかを確認するためにこの項目をチェックします。税理士転職に躓いている人は、ネガティブな理由をストレートに伝えていることが多く、前向きに頑張ることのできない人という印象を与えている可能性があります。採用担当者が人物像を詳しく知りたいと考えるのには理由があり、入社後に他のスタッフと円滑なコミュニケーションをとれるような人でないと仕事が上手くいかない可能性大です。

受け入れる側も上手くやっていけそうな人を欲しがるので、求められる人物像に合っていることを示すことが税理士転職の成功につながります。これには会社の雰囲気も関係しますので、人によって合うところは異なります。応募する場合にはその都度社風まで確認し、やっていけそうかを考えることが大切です。退職理由にキャリアアップ等の前向きな理由が書かれていたら当然それは志望動機にも関わってくるはずです。

それぞれの会社で行う業務に絡めながら志望動機を明確にし、携わってみたい業務にも触れると採用担当者の印象に残るアピールができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です