ビジネス/オフィス, 会計士, 士業

会計士転職をすれば価値観が広がります

会計士転職をすれば、監査法人の同僚たちとは全く経歴の異なる人たちに出会うことができます。一般企業でも経理や監査役、企画経営やマーケティングなど様々な分野で公認会計士が必要とされています。キャリア形成の幅を広げたいのであれば、監査法人内で昇進を目指すのではなく積極的に会計士転職を考えるとよいでしょう。異なる経歴を持つ人たちと出会い異なる価値観に触れて様々な経験を積み、人脈を広げれば新たなビジネスチャンスを探すのに役立ちます。

会計士転職を考えているのであれば、プロのエージェントに相談すれ様々な転職先を紹介してもらえます。公認会計士の転職を専門的に扱っているエージェントに登録すると、キャリアについて客観的なアドバイスをもらうことができます。理想的な自己アプローチ方法や志望動機の作成方法などについても指導が行われており、効率的な転職活動が可能になります。求人探しや面接のセッティング、スケジュール調整なども自分で行うのは大変です。

エージェントに登録するとこれらを任せられるだけでなく、非公開求人に応募できる可能性も存在します。さらに書面では分からない自分自身のよい面を企業に直接伝えてくれるため、転職の成功率が高まります。会計士転職を専門的に扱うエージェントには様々なものがあるので、それぞれを比較検討するとよいでしょう。年間300件以上の案件に携わるベテランアドバイザーが在籍しているものもあれば、会計事務所やコンサルティングファームなどへの転職に強いものなどが存在します。

会計士転職についてプロに相談すれば、自分に合った職場を効率的に見つけることができます。会計士転職のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です