ビジネス/オフィス, 会計士, 士業

会計士転職をすると収入を増やすことができます

会計士転職を考えているのであれば、専門的にサポートを行っているエージェントに相談するとよいでしょう。一般企業などでも公認会計士のスキルが求められており、エージェントに相談すれば条件に合った転職先を効率的に見つけることができます。例えば企業の経理部は会計士転職で人気の職場で、上場企業ならば監査経験を活かすことが可能です。経理業務を通して新たなスキルアップを図ることもできるため、多くの公認会計士が転職先として選んでいます。

近年の会計士転職では大手の監査法人から中小の監査法人に移るケースが増えています。中小の監査法人に就職すると、収入が高くて安定しているだけでなくプライベートとのバランスを取ることができます。収入を増やしつつプライベートを充実したい場合には、中小の監査法人を選ぶのがおすすめです。国内系のFAS、ファイナンシャル・アドバイザリー・サービスも会計士転職を希望する人たちに人気があります。

FASは顧客に対して財務関連のアドバイザリーやコンサルティングを行う仕事です。企業間の資産売買に関するプロジェクトが多く、M&Aや第三者割当による増資などに関わります。コンサルティング業務に携わりたいのであれば、まずFASを選ぶのが一般的です。より大きなプロジェクトでFASの経験を積みたい場合には、大手コンサルティングファームのアドバイザリー部門がおすすめです。

最先端の実務を学ぶだけでなく、実績を積んで信用力を高め新たなキャリアを形成するのに役立ちます。公認会計士は様々な分野で需要があり、積極的に会計士転職を行えば大きく収入を増やすことができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です