いい家に住むなら窓をリフォームしよう

出力で異なるパワコンの価格

パワコンは、いくつものメーカーが製造販売しており、価格はまちまちです。20万円台から50万円台まであり、価格は主に、出力によって決まります。出力以外に、変換効率や、屋内設置か屋外設置かということも影響します。パワコンにもメーカー希望小売価格というのはありますが、実際に購入するときには、その値段よりも2割から3割安くなるのが通例です。

メーカー希望小売価格を設定せず、オープンとしているメーカーもわずかですが、あります。高額商品ですので、値段はかなり気になるところです。相場としては、パワコンの最大出力が3.0kWの場合は、値段が25万円から30万円ほどになるようです。最大出力が4.0kWの場合は、およそ25万円から35万円になります。

最大出力が5.5kWの場合は、およそ35万円から50万円と高額になります。パワコンの出力がないと、太陽光パネルをいくら並べても高い電力は得られません。どの程度の電力を想定しているかによって、パワコンの選択も異なってきます。変換効率も重要です。

太陽光パネルでつくった直流電力は、あいにく100%交流電力に変換できるわけではありません。少しロスが出て、変換効率が95%前後のメーカーが多いです。変換効率97.5%を実現しているメーカーの製品は、高額になります。精密装置ですから、屋内に設置することが望まれますが、スペースの関係で無理な場合は、屋外に設置することになり、その際には10万円ほどの設置箱が必要になる場合もあります。

防熱の窓のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です