いい家に住むなら窓をリフォームしよう

パワコンの価格はどれぐらいなのか

太陽光発電には、パネル以外にも装置が必要になりますが、その中で重要とされるのがパワコン(パワーコンディショナー)と呼ばれるものです。パワコンは、太陽光発電で作られた直流電気を、交流電気に変換するための装置であり、この装置があることで交流電気で動く家電製品などを動かすことができるようになります。しかしこの装置は精密機械であるため、壊れることも多く、10年~15年程度で修理、または交換を行う必要があります。太陽光発電のパネル自体は、ほとんどメンテナンスが要らないと言われていますが、パワコンに関しては、定期的なメンテナンスが必要であり、それなりに費用がかかると考えておくべきでしょう。

パワコンの価格については、丸ごと取り換える場合は20万円程度で、一部交換する場合は5万~10万円程度が相場だと言われています。この価格の差は、装置自体がダメになってしまったか、あるいは修理で済むかの差であり、それぞれの状態によって変わってくると言えるでしょう。ただしこの装置の価格は今後下がってくると予想されるため、最近、太陽光発電の設備を購入したというケースなら、10年後や15年後などはもっと低い価格で交換できる可能性があると言えます。また、太陽光発電の設備を購入する際は、パワコンの修理や取り換えの保証(10年~20年など)が付いている場合があるため、それを利用するのもよいでしょう。

ただし保証制度を利用した場合でも、その制度を利用したり、装置を交換するための費用が数万円程度かかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です