いい家に住むなら窓をリフォームしよう

パワコンの価格を比較するときのポイント

パワコンを選ぶ際に考慮する点はいくつもありますが、ほぼ同じ性能であったとしても価格だけで比較することはできません。太陽光発電システムはパワコンだけでなく、ソーラーパネルなどの複数の機器で構成されています。組み合わせを考えるときに、各機器について性能が良くて安いメーカーにすれば得に思えますが、スペックが保証されているのは同一メーカーの組み合わせに限定されます。そのため、同一メーカーで揃えて使用することが多いです。

価格の比較としては、同一メーカーのもので行います。パワコンの性能の違いとしては、回路の形式ではパネルの設置枚数に融通の利くマルチストリング型と、変換効率は高くなる代わりに環境によっては昇圧機と接続箱の費用もかかる単一型があり、設置場所によって屋内型と屋外型があります。ただし、これらの違いは設置環境に合ったもので選ぶことになるため、価格で決めることはできません。価格で決められる要素に最大定格出力があり、低いものほど安くなるので導入費用が抑えられます。

発電した電気を利用できる最大の出力なので、これを超えないようにソーラーパネルの枚数を調整するとピーク時にロスが出ません。しかし、実際の使用環境では日射角度や天候、熱の影響でソーラーパネルの発電量が100%発揮される時間は限られているので、出力には余裕ができます。そのため、有効活用するために最大定格出力を超えるソーラーパネルを使う過積載があり、これによって安いパワコンで発電効率を上げられます。このとき、過剰に設置しすぎると保証されなくなることに注意します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です