いい家に住むなら窓をリフォームしよう

太陽光発電ではパワコンなどに大きな価格を負担します

太陽光発電では、ソーラーパネルが必要です。ソーラーパネルによって太陽光が集められ、直流電流として発電されます。ソーラーパネルで生産された直流電流は、制御箱によって集められ、パワコンと呼ばれるパワーコンディショナーに送られます。そしてパワコンで直流電流が交流電流に変換され、家庭で使用できる電気になります。

家庭で使用される電気は交流のため、ソーラーパネルで生産された電気はそのままでは使用できません。太陽光発電は複雑なシステムであるため、様々な装置が必要です。そして、それらの装置の価格は、決して安いものではありません。ソーラーパネルは100万円を超えることが珍しくありませんし、パワコンも価格が50万円以上する時もあります。

太陽光発電を導入すると、家庭内で使用されなかった電気は、電力会社に売却することができます。ソーラーパネルなどの価格は高いですが、それらの費用は電気を売ることで回収できる、とされることが一般的です。しかしながら。住宅の周辺に樹木や山、高い建物が多いと日陰ができてしまい、十分な発電量には達しません。

また、地域差もあり、日照時間が短い北部になると、発電量は少なくなります。ソーラーパネルやパワコンの価格は非常に高く、電気の売却収入で回収できるか否か、不明点も多いです。また、日本国内でも気象条件は大きく異なるので、地域によってはシミュレーション通りにいかないこともあります。太陽光発電を導入するときには、地域差を考慮することも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です