いい家に住むなら窓をリフォームしよう

太陽光過積載とは?その目的は?

近年は街中や田舎道を歩いても太陽光発電を設置している民家やエリアを見かけることが増えています。太陽の光を利用して電気を作り出すことが出来る太陽光発電は、2009年より開始された国の売電制度も後押しとなり、近年ますます注目を集めています。太陽光パネルを設置する目的の多くには、自身で電気を使用することだけではなく、売電による利益を上げることです。太陽光過積載は、太陽光発電の利益をより上げるために有効な手段として選択する人が増えているのです。

太陽光過積載とは、太陽光発電システムの稼働率を上げるために用いられる手段になります。天気や季節などの影響を受け、日照量によって発電量は決定します。当然天気が悪かったり冬場の時期には発電量が少なくなってしまいます。太陽光過積載とは通常パワーコンディショナーの容量を越える、多くの容量のパネルを設置することを指します。

ちなみに、パワーコンディショナーとは、太陽光発電システムを利用する際に発電した電気を使用できる様に変換する機器のことを言います。太陽光パネルを過積載することで、システムの稼働率は高くなります。パワーコンディショナーの容量を越えて発電できた場合には、その電力は破棄することになりますが、一般的にパワーコンディショナーの容量まで発電できる条件の自然環境はそれほど多くない現状があります。太陽光が強いピーク時の電力はカットされるとしても、朝夕の日照時間が少ない時間帯の発電量を確保できるメリットがあり、安定した電力供給が見込める事になります。

このようなメリットを見込んで太陽光過積載を取り入れる人が増えているのです。過積載を取り入れる際には、パネル設置にかかる初期投資や維持管理費などの投資金額と売電収入のバランスを考える事が重要になります。過積載により収入の見込みが増えたとしても、投資金額がかかりすぎてしまうと意味がありません。防熱の窓のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です