いい家に住むなら窓をリフォームしよう

ソーラーパネルが電力を生み出す仕組み

ソーラーパネルには、太陽の光を直流電流に変換する発電機の働きがあります。具体的には、まず太陽から発せられる光エネルギーがソーラーパネルのセルに当たると、光起電力効果と呼ばれる化学現象が生じます。すると太陽電池モジュールの構成因子である半導体電子が活発に動き、電気が生まれます。太陽電池モジュールにはシリコン系や有機系などの種類がありますが、発電効率が高いのはシリコン系です。

世界中のソーラーパネルの内、およそ80%がシリコン系です。またソーラーパネルで作り出された直流電流は、パワーコンディショナーで交流電流に変換した後で、家庭で使うことが可能になります。そして余剰電力は電力会社に売って、収入にすることもできます。太陽光発電は、太陽の光があれば発電するため、国内外でも人気の投資です。

初期費用も若干必要ですが、支払いは売電収入でまかなうことが可能です。しかも固定買取制度があるため、一定期間は決まった単価で買い取ってもらえます。ただし屋根の面積が狭いと、収益を上げることが難しくなります。その時は、土地の上に直接ソーラーパネルを設置する野立てという方法もあります。

太陽光発電事業者によっては、土地と太陽光パネルをセットにした物件も取り扱っています。利回りが10%以上見込める物件もあって、投資家たちの間で話題になっています。しかし発電効率にロスが生じることも見込んで、12%以上の高利回り物件を探せば、かなりの売電収入が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です